Our Team

高橋 京子(たかはし きょうこ)

就労支援と広報担当。出版社に勤務後、イギリスで「メディアと開発学」を専攻。現在はフリーランスエディター&ライターとして、『25ans』や『VOGUE』などのファッション誌からプラン・インターナショナルの会報誌まで手がける。難民問題を”自分事”にする社会にしたいと思いメンバーに。

尾崎 寛幸(おざき ひろゆき)

就労支援と調査担当。学生時代は農村開発を専攻し、インド・バングラデシュ・カンボジア・インドネシア等の農村地域で調査を行っていた。現在はシンクタンクで研究員として勤務している。難民の方が自分の可能性を最大限に活かせる社会を実現するため、活動に従事。

北條 藍子(ほうじょう あいこ)

就労支援担当。SIerに勤務後、人事系コンサルティング会社を経て、現在は研修会社にて主に研修プログラム企画・開発を行う。Living in Peaceこどもプロジェクトでは社会的養護下の中高生のキャリア形成支援に関わる。日本にいる難民の方が自分の可能性を諦めないでよい社会にしたいと考え、メンバーに。

有澤 孝治(ありさわ こうじ)

就労支援と奨学金担当。南スーダンで国内避難民の支援を行っている国連組織に勤務後、コスタリカの国連平和大学で平和学と開発経済学を専攻。現在は開発コンサルタントとして、JICAの事業などで南アジアの国などで支援事業を行っている。日本にいる難民の方の生活支援がしたいと思い参加。

 

かべや 潤(かべや じゅん)

奨学金担当。総合商社を経て、現在は金融機関にて投資を担当。本業以外で社会貢献が出来るという点に魅力を感じLIPに参加

中里 晋三(なかざと しんぞう)

Living in Peaceの代表理事(2018~)。大学院で哲学の研究をしながら弊団体の活動に参加。現実的な制約はあるにせよ、一人ひとりに寄り添う視点を中心にすえて、これからも活動していきたいと考えている。

龔 軼群(きょう いぐん)

Living in Peaceの代表理事(2018~)。IT広告業界でWEBサービスの企画・開発に携わる。自分自身が移民というバックグラウンドから、日本がより多様性を受け入れ、人種や国籍にかかわらず誰もが豊かに生きるための選択肢を平等に得られるようにしたいと思い、活動。