UNHCR駐日事務所後援のもと「Refugee Career Support Program(難民キャリア支援プログラム)」を実施

UNHCR駐日事務所後援のもと「Refugee Career Support Program(難民キャリア支援プログラム)」を実施

2021.1.12

認定NPO法人Living in Peace(代表理事:龔軼群・中里晋三)の推進する「Refugees Career Support Program(難民キャリア支援プログラム)」が、このたび国連難民高等弁務官事務所駐日事務所(UNHCR:The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees、カレン・ファルカス駐日代表)の後援を受けることになりました。本プログラムの実施により、日本にいる難民の背景を持った方々の就労支援・キャリア形成を継続的に推し進めていきます。

「Refugee Career Support Program」は、日本にいる難民の背景を持った方々が、日本社会で自ら望んだキャリアを形成することを目的に就職活動をサポートするプログラムです。インターンシップやキャリア相談、自己分析を含めたエントリーシートの添削、面接練習など就職活動の伴走型支援を行います。Living in Peaceのメンバーは全員本業を持って活動しているため、多様な業界や職種に関する就職活動のアドバイスが可能です。今年からは新たにキャリアサポート相談窓口を設置し、より多くの難民の方々への就職支援の輪を広げていきます。


<UNHCR駐日事務所代表 カレン・ファルカス氏からのコメント>

2020年6月にUNHCRが発表した「グローバル・トレンズ・レポート」において、2019年末時点で、全人類の1%以上、97人に1人が強制移動の影響を受けていることが報告されました。難民を受け入れる国にとって、難民の受け入れは自国の経済・社会と社会統合の面で課題となる一方で、難民は多くのスキルや能力も一緒に持ち込むため、大きなチャンスにもなります。

このような中、UNHCRは、日本の就活に必要な情報や具体的なアドバイスを提供する、LIPの難民キャリア支援プログラムの開始を歓迎し、サポートします。2018年12月の国連総会で採択された「難民に関するグローバル・コンパクト」の通り、難民支援には社会全体でのアプローチが重要です。本プログラムは、この精神に則り、難民の方々が日本での就労の機会を見つけ、彼らが日本社会で活躍できるよう支援します。私たちは、難民の方々がより良い未来を描くことができるプログラムを後援できることをとても誇りに思っています。(UNHCR駐日代表 カレン・ファルカス)

<認定NPO法人Living in Peace 共同代表 龔より>

「紛争や迫害など過酷な環境から命からがら逃れてきた難民の人々、また難民の背景を持ってここ日本で生きる子どもたちが自立し、自分らしいキャリアを築いて生きていける社会にしたいという想いを実現するため、2018年に難民プロジェクトを立ち上げました。自立には経済的自立・精神的自立の両方が必要であり、日本で仕事を得てキャリアを築くことは経済的な安定だけでなく、自己肯定感を高め、社会の一員として貢献するという点で非常に重要な意味を持ちます。私たち難民プロジェクトは、これまで2年間の就労支援の活動を通じて、UNHCR難民高等教育プログラムの学生3名を内定、就職へと導くことができました。一時的な労働力としてではなく、多様なルーツを持つ優秀な若者たちを社会に送り出していくことは、日本経済への貢献にもつながると考え、地道に取り組んでまいりました。このたび、UNHCR駐日事務所の後援を得て、私たちの活動をさらに広げていけることを心より嬉しく思います。


<キャリアサポート相談窓口のご案内>

対象:就職活動を行う予定の日本に住む難民等の方、およびそのご家族

頻度:毎月2回(土日)

所要時間:約1時間/人

相談受付:https://bit.ly/2Wue6NV

▼QRコードからアクセスください


<UNHCR(国連難民高等弁務官事務所:The office of the United Nations High Commissioner for Refugees)について>

1950 年設立。難民、国内避難民、無国籍者などを国際的に保護・支援するため、多様なパートナーと連携し、世界約 135 カ国で活動。1954 年、1981 年にノーベル平和賞を受賞。本部はスイス・ジュネーブ。https://www.unhcr.org/jp/

<認定NPO法人Living in Peaceについて>

2007年設立。途上国でのマイクロファイナンス支援、日本国内での社会的養護や困窮家庭の子どもたちの支援、難民への就労支援・日本語学習支援を行う。「すべての人に、チャンスを」をビジョンに掲げ、専従職員を持たず、メンバー全員が本業を持ちながら活動するプロボノ団体。https://www.living-in-peace.org/

お問い合わせ先:

Living in Peace 難民プロジェクト 広報担当

refugees[at]living-in-peace.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です